社団法人富山県薬剤師会 社団法人富山県薬剤師会
薬局検索

HOMEへ薬剤師会の概要会営センターQ&A薬草資料館医薬情報リンク集薬剤師を目指す方へお知らせ

薬剤師になるには
勉強 卒業薬学薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。受験資格は薬剤師法によって4年制の大学で薬学に関する正規の課程を卒業した人に限定されているので、薬学を勉強できる大学に入学し、4年間勉強して卒業しましょう。
平成18年以降は6年制になりました。
薬剤師法第15条

薬剤師国家試験の受験資格

  1. 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において薬学の正規の課程を修めて卒業した者
  2. 外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で厚生大臣が前号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定したもの
矢印
 

合格薬剤師国家試験は、毎年3月末に2日間の日程で実施されます。
大学を卒業してこの試験に合格しないといけません。

薬剤師法第3条 薬剤師の免許は、薬剤師国家試験に合格した者に対して与える。
薬剤師法第4条 絶対欠格条項
未成年者、成年被後見人又は被保佐人には免許を与えない。
ただし視覚、精神機能の障害者の方は免許を申請するときに卒前に実務実習を終了したことが確認できる書類が必要です。
矢印
名簿に登録

薬剤師国家試験に合格したら、免許の申請をして薬剤師名簿に登録されると薬剤師免許証が交付されます。

薬剤師法第7条 登録
免許は、薬剤師名簿に登録することによって行う。

薬剤師の仕事
○薬局薬剤師 薬局に勤め、調剤やおくすりの販売、患者さんの薬歴管理などを行っています。
おくすりの服用暦の管理 薬歴薬歴と呼ばれる患者さんごとのおくすりの記録をつけています。どのようなおくすりを飲んだことがあるか、副作用が出たことがあるおくすりは何かなど、大切な記録です。
おくすりの情報提供 おくすりの情報提供おくすりを安全に使っていただくために患者さんにおくすりの情報を提供します。
副作用が起こった時の情報を集め、患者さんや医師に伝えています。
医師におくすりの効き目、安全性、品質などの情報を提供しています。
調剤 調剤処方せんにもとづいてみなさんのおくすりをそろえます。
おくすりを飲みやすくする工夫もしています。
○製薬企業薬剤師 製薬会社に勤め、おくすりの研究・開発や品質管理などを行っています。
おくすりの開発 開発新しいおくすりの研究・開発にたずさわっています。
おくすりの臨床試験 臨床試験これからおくすりとして役立ちそうな成分の効き目や安全性を確かめる臨床試験のコーディネーターをつとめます。
○卸売業薬剤師 卸売販売業に勤め、医療機関へのおくすりの販売やおくすりの保管管理などを行っています。
おくすりの流通 流通おくすりは薬局や病院にただ運ばれているわけではありません。おくすりが正しく使われるようにおくすりの情報をプラスして運ばなければならないのです。そのために薬剤師が情報の整理をしています。
○公務員薬剤師 県庁や厚生センター、研究所に勤め、薬事法、食品衛生法、感染症法に基づく取り締まりや行政指導、試験検査、医薬品研究などを行っています。
○病院薬剤師 病院病院に勤め、医療チームの一員として調剤や患者さんの薬歴管理、服薬指導、臨床検査などを行っています。
○学校薬剤師 学校薬剤師学校のプール、給食、空気、水道水等の衛生を検査しています。理科室の薬品や保健室のおくすりを管理するのも私たちの仕事です。
HOMEへ 戻る
Copyright(C) TOYAMA Pharmacutical Association.All rights reserved.