簡易専用水道検査

ビル・マンションなどの高い建築物では、水道局(市町村・水道事業者)から供給された水をいったん受水槽に貯め、ポンプや高置水槽により水圧をかけて、各蛇口に水を給水しています。この受水槽・高置水槽を合わせた設備を一般的に貯水槽水道といいます。水道法では、このうち水槽(受水槽)の有効容量の合計が10㎥を超える給水施設を「簡易専用水道」として規制の対象としています。

簡易専用水道(受水槽有効容量10m3を超える施設)

水道法 (第34条の2)で次のとおり規定されています。

  1. 簡易専用水道水の設置者は、厚生労働省令で定める基準に従い、その水道を管理しなければならない。
  2. 簡易専用水道の設置者は、当該簡易専用水道の管理について、厚生労働省令の定めるところにより、定期に、地方公共団体の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた者の検査を受けなければならない。
小規模貯水槽水道(受水槽有効容量10m3を超えない施設)

各自治体独自の条例による規制となり、簡易専用水道と同等の検査を行います。

<現場検査>
  1. 簡易専用水道に関わる施設の外観検査
  2. 給水栓における水質検査
  3. 書類の整理等(管理の状況)に関する検査
  4. その他(聞き取り調査)
    簡易専用水道の利用状況について聞き取り調査をします。 【 検査項目 】竣工年月日、利用者数(人・世帯)、使用水量(㎥/月)、塩素注入機の有無、防腐剤仕様の有無 等
<書類検査>

建築物における衛生的環境の確保に関する法律」の適用がある施設のみ書類検査を行います。


書類の整理等(管理の状況)に関する検査

簡易専用水道の管理について書類が適切に整理保存されているか検査します。
【 対象書類 】簡易専用水道の設備の配置および系統図面、受水槽周囲の構造物の配置図面、水槽の清掃の記録、その他水槽の点検記録(保守点検)、給水栓における水質管理の記録

簡易専用水道の利用状況
【 提出項目 】竣工年月日、利用者数(人・世帯)、使用水量(㎥/月)、塩素注入機の有無、防腐剤仕様の有無 等

富山県医薬品総合研究センター

富山県医薬品総合研究センター外観

富山県医薬品総合研究センターは、公衆の厚生福祉の増進に寄与するため、 薬剤師の倫理的及び学術的水準を高め、薬学及び薬業の進歩発達を図ることを目的に設置されました。
お気軽にご相談ください。

公益社団法人 富山県薬剤師会
富山県医薬品総合研究センター
〒930-0018
富山県富山市千歳町1丁目4番1号
TEL 076-445-5430
FAX 076-445-5431

営業時間/月〜金曜日
午前8時30分〜午後5時
検査受付/月〜木曜日
午前9時〜午後1時
受付窓口/富山県薬業会館1F