医薬品検査

医薬品を製造する上で水は最も基本かつ重要なものです。水の質は医薬品の品質に影響を与え、水の品質管理は医薬品製造の品質保証上、重要な部分を占めています。
医薬品の製造に使用する水の分析を通して、お客様の品質管理を支援します。

日本薬局方が平成28年3月7日に改正になり、現在は第十七日本薬局方が公示されています。
当センターでは日本薬局方で定める、常水、精製水、精製水(容器入り)についてお客様の品質管理業務をご支援させて頂きます。

  • 常水:医薬品製造の原料用水・洗浄用水、調剤用水などに用いる水
  • 精製水:薬品の溶剤とし、製剤・試液・試薬の調製に用いる水
  • 精製水(容器入り)
日本薬局方に基づく医薬品検査

日本薬局方(十七改正)に順次対応してまいります。
お気軽にお問い合わせください。

富山県医薬品総合研究センター

富山県医薬品総合研究センター外観

富山県医薬品総合研究センターは、公衆の厚生福祉の増進に寄与するため、 薬剤師の倫理的及び学術的水準を高め、薬学及び薬業の進歩発達を図ることを目的に設置されました。
お気軽にご相談ください。

公益社団法人 富山県薬剤師会
富山県医薬品総合研究センター
〒930-0018
富山県富山市千歳町1丁目4番1号
TEL 076-445-5430
FAX 076-445-5431

営業時間/月〜金曜日
午前8時30分〜午後5時
検査受付/月〜木曜日
午前9時〜13時まで
受付窓口/富山県薬業会館1F